Wyrd * TSUNAGIYA∞413

思うことブログ。私のつぶやき。活動のことなど。

Posts tagged ‘セルフセラピー’

wp

WPのお知らせ開いたら、こんなのが。1年たったんだ?不思議。

今日はマロンがだっこちゃんまん。普段は絶対だっこ嫌がるのに、ごくたまにこうなる。具合悪いのかなー?とか思うんだけど、ごはんはしっかり食べたし。ということで今日は左手だっこして、右手でブログかきかき。

自分のことを主に考えて行動しようと今年は意識してから、時々ハッと思うことがある。今までなら先に人にシェアしてから伝えてたな~。結果自分が手出ししたり、動くだけで終わったりとか、そういうのをたくさん自らしてしまっていたなって思うことが思い出すようにあらわれてきたりする。もちろん、それはそういう時期も必要だったのだろうと思うだけで、今度は自分のためにきちんと自分を意識しようと思ったので、逆にそういうことにも気づけた。人のエネルギーがわかることで、この人とこの人の間を中和させとかなきゃとか、こっちにこういう風に気を配っておかないと、みんなが結果雰囲気悪くなるなとか。いろいろ頭働かせてたんだけど。もうそういうのもやめようと思ったのも今年のテーマの中に含まれている。いいのだ。その人がどうであれ、その人はイライラしたくて勝手にしてるんだし(笑)その波動が気に食わない人は、さらにけんか吹っ掛けたり、便乗してイライラしたり勝手にしてるし(笑)私は私のエネルギーを保てるよう、ぶれない自分でいることが大事だなと。もうそうやってとりもつ時期は過ぎたんだ私の中で。一時期はそれが使命かと思っていたけど、それも違うなって思ってきたんだ。あ、というか、そういう次元の中にいる自分がもう違うと思ったんだ。動いたからこそ、見えたこと。

怒りってね。単純に”私が思うように、思うとおりになってくれない!”という根があるのだよね。自分の基準やルールと違うからそれは許せない!というのが根底にある。それを知ると、それっておかしくない?って(そう思うように、相手にもそういう自分の基準やルールがあるからどんなことにせよ)私の中では常に思ってて。だからあまり腹が立つことがよっぽどでなければないんだけど。ほんとに、命にかかわるような出来事につながるときは、腹が立つよ。怒るよ。けどね。怒ることって無駄にエネルギー使うよね(爆)そして自分だけがつかれる(笑)だからほぼ怒らない。八つ当たりされる覚えもないし、私は八つ当たりされるためにいる道具ではない。といつも心の中で思ってるんだけどね♪

いろんなことを直視しようと思ったんだ。自分の周りの出来事も。自分のために今はそんな時期♪ いろんな自分のダメなところともね、向き合ってみてるところです(笑)

コメントする

candle-advent-celebration-christmas-53601.jpeg

と、今日私に私からメッセージがふって来ました。ジムで歩きながらそう思ったのです。それは小さいころから運動嫌いではなかったんですが、どうもなぜだか、呼吸がね、変な具合で、小学校のころマラソン大会の時に、なんだかおかしいので先生にいったら「それは走ったら誰でもなるのよ」って言われて以来言わないようにした。けど、なんかそれとは違う部分。なんか喘息みたいな感じ。身体はしんどくないのに、なんかのどのあたりから肺だか心臓だか、、、そこいらへんがぜーぜーする感じ。それでね、ジム行くようになってからわかったことがあって、すご~く大きく息を思いっきり吸うと肺に酸素が入っていくようなそして少し楽になるような感じ。それを大きく繰り返すと、心拍数が(ウォーキング中のグリップ計測ね)落ち着くんだ。私もしかしたら、心臓?肺やっぱり昔からおかしいのかなぁ・・・・。なんかそこだけ別物の感じ。それがね、昨日のウォーキング中に、急に一瞬つまりがなくなったきがしてスムーズに酸素が身体に入っていってるのが感じられたそしたら急に体が軽くなってきて、全身に酸素が回ってる気がした。おかげで、変なつまり感が取れて、息吸うとちょっとチクっていたんだような気分になるのが(長年そうだった)なくなった。そしたらぐんと血圧も下がっていた。やっぱり体に酸素が回ってる回ってないでも血圧はだいぶ変わる気がした。まぁあたしの自家発電のせいもあるけどね(笑)デジタル血圧計に波長があってないのがすごいわかって(笑)たぶん、メータぐるぐるなっておかしいんじゃないかというエネルギーを感じてしまうくらい笑える。でも、この数値が当たり前と思ってみる人だと、それは思い込んで余計その道に引きずられてしまうような気がします。結局のところ、その辺のいわゆる”思い込み(刷り込み)”ってのはいろんな形で残っていたりするのです。1番よくわかるのが、いい・悪いの判断。(生死に関係しないやつね)しつけとか。常識とか、ルールとかももとをどんどん辿ったら結局、誰かが作っただけの話だったりする場合もある。(あ、誰かが作らないといけないというのもわかるのよ)本質的な問題。この話は詳しく書きたいけど。昨日からまたいで今日書いているので、また。

コメントする

pexels-photo-277013.jpeg

これは、時々思っていたけど、昨年強く思ったこと。そして、今もどこかで思っているのだけど、決断できない自分がいることを知っている。ここに勇気を出せたら世界が変わるんだろうとも確信できているけど、依存的な部分が抜けなくて、まだ勇気を踏み出せない。ここももう少し時間がかかりそうだ。その前に私の心が悲鳴をあげないといいけど(すでに挙げているかもしれないけどね)それとね。昨日思ったのが、どうしても無意識の部分に突破できない見えない壁があるのだ。それが何なのかわからないので、そこがまだまだ未開の地(笑)だけどそこまで見つけ出せた私もすごいっ!(っと自分で自分をほめてやる(笑))いや、まぢで。なぜそこを見て見ぬふりしてたんだろう。わかったつもりでいたんだろうって思ったけど、ここまでくるストーリーが必要だったことにも気づけたし。最初からここに気づいていたならば、本当に理解することはなかっただろうね。まだ理解はしていないけど、見つけたというすっきり感がなんとも言えなかったな。一瞬だったけど。ああ。それからね、ずっとこれもなんとなく思ってたことだけど。子どものころから息を吸うと、どこかが違和感あるのよね。痛い手前みたいな感覚。痛くはない。でも痛い手前(笑)肺なのか、胃なのか、心臓なのか。もしかしたら、血圧高いのそこらへんに問題が?いや、でも水銀計測では問題ないし。。とかいろいろ考える。確かに、運動してしんどくない状態なのに、呼吸が狭まる感じで、肺に(あ、やっぱり肺なのか?笑))空気が行くのが狭いようなイメージに近いかも。でも部位がよくわからない。いつもがん検診の時の肺のレントゲンでは異常ないんだよなぁ。。。。ちなみにずっと違和感あるのよ。子供のころから。でもそれが当たり前だったら気づかないでしょう?そういうもんなんだって思ったら当たり前なんだもんね。結局当たり前になって気づかないということが誰しも多々あるのだよね。それって無意識の部分だったりするし、わかったふりだけして見過ごしているということでもあるんだね。だから放置状態(笑)特に私みたいに頸椎ヘルニアもそうだけど、幼いころからそれが当たり前の状態であれば、あえて気づかないということだ。あ、気づく人は早く気づいているとはおもうけどね(苦笑)ランドセルが肩に食い込んだように吐き気までもよおすように、きつくてつらかったので、学校では私はランドセルをつかわないでいいように許可してもらった。今になって、それが頸椎ヘルニア(しかも珍しく中に飛び出てる方)だとわかった。それは中にでるのはもうどうしようもないのよね。。しょうがないか、赤ちゃんの時から頭からコンクリートの上に何度も落とされて(笑)壁で頭打たれたからね(笑)って言ったら、親に問題あるみたいだけど。いや、問題ありだけど(うちの母親(笑))本当にね、悪気はないの。うちのおかん。一つのことしか集中できなくてね。だからすぐ私をおぶってることも、抱っこしていることも、次の瞬間忘れてしまうんだ。だからしょうがないんだ。例えば目的が、●●の場所へ行く。となると、もうそこに行くことに集中して、私を負ぶっていても、付いた瞬間そのドアが低いと自分の身丈だけでかがむから、私はしょっちゅうコンクリートの壁で頭打ってた(笑)まぁまだ柔らかい頭だったからどうにか無事だったんだろうけど。私も実はそれに似てると思う。この前も書いたけど、数が数えきれない。多分。それと同じような感じ。母親譲りなのだろうね。本当に、いろんなことがあったおかんだけど、私も鍛えられたし。そのおかげでいろんな生きていく術を身に着けた気がする。でももうその呪縛も外す時が来た気がする。ずいぶんと長くかかったけど。一人の人間としてみることができるようになったこと。それぞれの生き方があったということ。母親というルールに自分が当てはめてた枠をはずせたこと。親はこうあるべき、母親はこうあるべきからルールをはずしたこと。人を一人養っていくことがどんなに大変かということ。どんな状態であれ、生かしてくれていたこと。感謝すべきことはまだまだたくさんあったはず。今だから気づけたこと。何より、私自身が自分で自分を幸せにすればいいということ。誰のせいでもない。生きることは正直私にとって何の意味があるのか、いまだにわからないし、なんのために生きてるのかもまったくもってわからない。でも今目の前にあることに、目を向けて直視していけるようになったことから、きっとその辺の意味が自分なりに理解できることができてくるのだろうともなんとなくそんな気すらした。自分が大事に思う人がいるなら、それと等しく自分もそれくらい大事に思ってるってことだと思う。無意識である部分。”念ずれば必ず叶うそれはどんな形でやってくるかわからないしいつやってくるかも。そして自分が思った通りの方法ではないということ” なのだ。どのようにその意味をとらえ、欲から外れ、自分のために向き合うことができるのか、日々考えていく。それは私なりの方法。いつまでも向き合わないなら単に先延ばしするだけ、でもこれは強制的にするものではない。タイミングが必要。それに気づけるかどうかは、思考の転換と、エゴを入れないこと。できない理由を探してばかりだといつまでたってもしない。まずはできることを探すこと。先ばかりを見ていたら、足元すっからかん(笑)結果なんて変わっていくのが当然。その時々で自分が好きな選択をしていくこと。心が喜ぶ方を。そうわかっているのに、今はまだ何かが足りなくて決断できません(笑)でも、それ以外はいつもそうやって自分のことを自分のために思っています。

コメントする